【夏レシピ】『ゴーヤチャンプルー』苦さ抑える工夫【有り】

ゴーヤチャンプルー 【主食・主菜】

夏にピッタリのレシピと言えば『ゴーヤチャンプルー』ではないでしょうか(^^)
ただ…ゴーヤーは苦い!!!!(笑)


そこで…
「ゴーヤの苦さ」を軽減させる工夫はこれだ!

👇ゴーヤーの苦さ軽減の工夫👇
①白わたの部分をしっかりとる
②塩水にさらす
③ごま油を煙が出るほど温めて、高火力でサッと炒める





だ、そうです!
昔アルバイトしていた時の居酒屋の店長が言ってました♪

こんにちは、ともパパです♪Instagramはこちら💛

先取レシピ

①下準備としてゴーヤーの処理をする
②他の具材も全てカットします
③深めのフライパンか中華鍋にごま油大さじ2を入れたら、最大火力で加熱します。煙が出るぐらいあったまったら、ゴーヤーから投入します
④テンポよく、段階的に炒めていきます
⑤水分が飛んだら火を消してから、溶き卵を入れて混ぜます

材料・分量・詳細は下記参照ください

このレシピは…?

✔某有名居酒屋チェーンのテクニックまるパクリ♪
✔ご家庭にある基本調味料で作れる
沖縄料理の定番で夏にピッタリの『ゴーヤチャンプルー』♪





スポンサーリンク

【夏と言えば!】『ゴーヤチャンプルー』?その材料は?

材料(2~3人分)

・ゴーヤー…正味70g
・ウインナー(ベーコンでも可)…4本
・もやし…100g
・玉ねぎスライス…50g
・豆腐(たぶん『木綿』がいいけど、今回は『絹』でした)…150g
・溶き卵…1個分

・ごま油…大さじ2

☆酒…大さじ1
☆ニンニクチューブ…ドバっと
☆塩…小さじ1/2
☆みりん…小さじ1
☆しょうゆ…小さじ2

☆の調味料は調理開始前に、お椀などに全てあわせて混ぜておくのがオススメです♪「スピード勝負」になるので(笑)



苦さを抑える『ゴーヤチャンプルー』の作り方は?

①下準備としてゴーヤーの処理をする

冒頭でも書きましたが、
ゴーヤーの苦さの原因の一つは
この
「白い部分」なんだそうです!

✔ゴーヤのを半分にカットして、そこをスプーンでゴリゴリえぐってください!
✔2~3㎜幅にカットしたら塩水につけてください。





②他の具材も全てカットします

ゴーヤチャンプルーの具材
全部用意♪


まるで『料理番組か!』って突っ込みたくなる感じですが(笑)
こんな感じにしておくのがオススメです。
というのも、火を付けてゴーヤを炒め始めたら、
テンポよく炒めていくからです!





③深めのフライパンか中華鍋にごま油大さじ2を入れたら、最大火力で加熱します。煙が出るぐらいあったまったら、ゴーヤーから投入します

ゴーヤチャンプルー
ごま油大さじ2で強火にかけてゴーヤから炒める

ご家庭の火力次第ですが、15秒~25秒ぐらい、ゴーヤーを炒めます!
※フランベみたいにならないように気を付けてください。



④テンポよく、段階的に炒めていきます

ゴーヤチャンプルー
ウインナーとスライス玉ねぎ投入

確認ですが、最初から最後まで、ずっと最大火力です。

ゴーヤーを15~25秒炒めたら次に、
ウインナーとスライス玉ねぎを入れます♪

そして手早く最大火力で炒めていきます。

ゴーヤチャンプルー
もやし投入

10~15秒炒めたら、もやしも投入します♪


ゴーヤチャンプルー
豆腐と☆の調味料投入

もやしを入れてから20秒ぐらい炒めたら豆腐を投入します♪

そして、事前に混ぜておいた☆を全て入れて炒めます。

確認ですがずっと強火です(^^)





⑤水分が飛んだら火を消してから、溶き卵を入れて混ぜます

ゴーヤチャンプルー
火を止めてから溶き卵投入



これで調理は終了です♪
お皿に盛り付けて、かつお節を上から振りかけて完成です(^^)



ゴーヤチャンプルー



お疲れさまでした(^^)

…ゴーヤ苦いかな?(笑)

正直、「ゴーヤーの苦みを抑える工夫」は最大限施しましたが、それでも苦いゴーヤ苦いです♪(笑)個体差があるので、苦さも楽しみましょう♡

いつもブログ見れくれてありがとうございます♪良かったら下記のリンクの【ブログ村のバナーのクリック】もお願いします♪

ではでは♪



コメント

タイトルとURLをコピーしました