【便利】【簡単おつまみ】半熟味付け煮たまご

【おつまみ】

たまご買いすぎたー!OH MY GOD!!

それなら~
1パックまるまる「半熟味付け煮たまご」にしちゃいましょう♪

こんにちは、ともパパです♪

「半熟味付け煮たまご」をオススメしたい理由⇒

✔ 美味しい
✔ 料理に使える
✔ おつまみになる
✔ 食事の一品になる
✔ 夜な夜なパクっと♡(笑)

とにかく用途が多く、アレンジもできて一度にまとめて作っておくと、冷蔵保存で一週間近く持つので、
忙しいママパパ、なんなら、一人暮らしの方にもとってもオススメです(^^)



そんな便利で美味しい「半熟味付け煮たまご」
作り方まとめたよん♪

好みはありますが、今回は「ともパパ流の味玉」ご紹介します♪



目指すは「半熟煮たまご」!!
勝負は茹で時間で、決まる♪




スポンサーリンク

【簡単】半熟味付け煮たまご(用意するもの)

材料もさることながら、大事なのは保存容器ですね。

✔たまご10個が丁度入って、大きすぎない容器
✔冷蔵庫に入る容器

我が家には「IKEAで買った緑の蓋のサイズ色々タッパー」があって、とっても便利です(^^)

材料

・たまご(サイズMまたはL)…10個
☆つゆの中身
 ・水…500㏄
 ・だしの素…8~10g
 ・みりん…50㏄
 ・しょうゆ…100㏄
 ・砂糖…小さじ大盛4杯

たまごのサイズですが、それによって、茹で時間が変わります!


Mサイズ⇒沸騰してから3分半
Lサイズ⇒沸騰してから4分15秒

これで半熟の煮たまごになると思います♪

半熟を目指すなら以下の作り方と時間を守ってね♪



作り方

①たまごに画鋲とかで穴をあける

これをやると、たまごの殻が剥きやすいです(^^)




②鍋にたまごをすべて入れて、たまごが丁度浸るぐらいの水を入れて沸かし、「半熟ゆでたまご」を作る

今回は11個でやりました♪


※水が多すぎても、少なすぎても、たまごの半熟具合に影響が出ます。

沸騰するまでは強火でいいのですが、菜箸などで定期的に優しくかき混ぜましょう
たまごの黄身を真ん中で固めるためです♪



沸騰するまでは定期的に混ぜる♪

沸騰してからは弱火にします!(これ大事)
弱火にしたらもうかき混ぜる必要はありません。

ここで時間のおさらいです!

半熟たまごを目指すなら…!

☆たまごのサイズがM⇒沸騰して弱火にしたら3分半
☆たまごのサイズがL⇒沸騰して弱火にしたら4分15秒

時間厳守です!
タイマーなったらすぐに火をとめて、流水で一気に冷やします!!

粗熱がとれたら、冷めすぎる前にたまごの殻をむきましょう♪
※水の中で剥くとキレイに剥きやすいです。



③ ②の工程の中で、たまごを放置する時間で、つゆを作ります。

沸騰したら火を止める♪

小鍋に「☆つゆの中身」と記載したものを全部いれて沸かすだけです(^^)

沸騰したらすぐに火を止めてください。




④ 殻をむいた茹で卵を容器に入れて、③で作ったつゆをすべてかけます(^^)

つゆは冷めてなくても何の問題もありませんよ♪アツアツでもいれてOKです!

完成(^^)
お疲れさまでした♪

あとは数時間放置しましょう。

夜作って朝まで寝かせるとか、朝作って夜まで寝かせるとか、そんな感じですね(^^)

粗熱が取れたら、冷蔵庫で保存しましょう♪



便利な多用途♪

実際はもう少し半熟になるはずが、ちょっと手違いがあって、20秒ぐらい長くゆでてしまったんです(´;ω;`)

皆さんは時間守ってくださいね♪


茹で時間は、ほんまに大事やで!


カットして盛り付けて

マヨネーズ+からし
でもめちゃくちゃ美味しいですよ♡

居酒屋で売れそう♪(笑)

そのほかにも、タルタルソースにしてみたり、
忙しい朝に食パンにはさんでマヨネーズかけて食べたり♪(マヨラーか)

はたまた、ダイエットとかで夜中にお腹すいちゃったら「パクっと♡」

も、アリですよね(笑)

簡単なんで是非作ってみてね♪

お子様からお年寄りまで、みーーんなに好評なこと間違いなしです(^^)



ではでは♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました