【簡単】【パーティーメニュー】さっぱりローストビーフ(丼)

【パーティー・〇〇会用】

今日はママの誕生日!記念日
お祝いメニューを作りたい!


パーティー・記念日・女子会!?
〇〇映えメニュー作りたいならさっぱりローストビーフはいかがでしょうか♪

こんにちは、ともパパです♪

今回は【仕込みチョー簡単】さっぱりローストビーフの作り方をご紹介したいと思います(^^)

※初めに申しておきますが、この作り方は3時間ぐらいは放置することにはなります。
仕込み作業は一瞬ですが、総制作時間は長いのでね、ご了承くださいね(;^ω^)

こんな時にオススメ♡

・今日は大切な人のお誕生日
・今日は大事な記念日

クリスマスパーティー
・女子会!?
・急にパパが作ると、ママが衝撃を受ける!?(笑)



作業自体は簡単なんで是非作ってみてくださいね(^^)

※アレンジして?ローストビーフ丼も作れます♪最後に載せておきますね(^^)


スポンサーリンク

用意するもの

材料(目安)

・牛モモブロック…300~400g(一応は500gの肉塊までいけます)
・ニンニク…1欠片
・玉ねぎ…半分ぐらい
・しょうゆ;酒(日本酒)=1:1

これだけです!
ポイントをいくつか…
①玉ねぎは多ければ多いほど、全体としてマイルドになる
 ※入れても1玉分まで。

②しょうゆと酒に関しては、「お肉がある程度浸る量」が目安
 ⇒極力、直径の小さくて深い小鍋(用意したお肉が入るサイズ)があると良い。

③この煮汁がローストビーフのタレにもなります。

こんな感じです♪
牛モモブロックこそちょっとお高いけど…
それ以外はご家庭にあるかなって♪


続いて、作り方に参ります(^^)

作り方

①牛モモブロックが丁度入るぐらいの小鍋を用意し、ニンニクと玉ねぎをすりおろす

ズボラでも大丈夫、最後まで細かくすらなくても大丈夫♪
見ての通り、破片たっぷりです♡(笑)



②ここに、しょうゆと酒を1:1の割合で入れ、火をつけて沸騰を目指します。
ポイントは、「用意したお肉が浸るだろうな~ぐらい」

量りとか不要です。
おたまで何杯ずつとかそんな感じで十分です♪



③つゆを沸かし始めたら、フライパンに油は敷かず、牛モモブロックの全面に焼き色を付けます。

全面の表面に焼き色が付けばOKです!
焼き過ぎないでくださいね(^^)



④つゆが沸いたところに、焼き色を付けた牛モモブロックを投入して5分煮込みます。

途中菜箸でひっくり返しましょう。

※玉ねぎやらニンニクのすりおろしが入ってますから油断すると吹きこぼれます!
この5分だけはよく見ておいてくださいね(^^)


⑤5分経ったら火を止めて、キッチンペーパーで落とし蓋てきなことをします。

このまま放置♪(最低2.3時間)


これで仕込み作業は終わりです。
後は放置ですが、可能であればたまにでいいので上下ひっくり返して、味を全体に染み込ませましょう♪



これで終わりです!
めちゃ簡単ですよね♪

⑥食べるときには…

薄くスライスしてお皿に盛り付けましょう。
お肉を煮た煮汁は「ローストビーフのさっぱり和風ダレ」になりますので、捨てないでくださいね。



盛り付けたのはこんな感じです(^^)

玉ねぎをスライスして敷いてあります♪
サンチュはたまたまあったので色合いとして載せました。
完成です!



番外編「ローストビーフ丼」の作り方


この記事を書いていた時に思いついたので、研究開発して作ってみました!
「ローストビーフ丼」です!

薄く切ったローストビーフをご飯に乗せるだけなんですが…(笑)

ただ、研究したのは、タレです!

今回ローストビーフ作る際にできた「ローストビーフのさっぱり和風ダレ」はちょっと違う気がしました!
なので、アレンジタレレシピを記載します♪



ローストビーフ丼タレ黄金比

同じスプーンで行きますよ!?

・砂糖…軽く2
・みりん…1
・しょうゆ…1.8ぐらい
・ニンニクチューブ…ちょろっと

この割合でいいと思います!甘辛ダレになりました!

これを小さい容器に必要な分だけ入れてかき混ぜ、
レンジで20秒~
グツグツなったら止めるイメージです!
で、またかき混ぜます!


それで味見してみてください!たぶん合います!(笑)



料理は常に「研究」って思ってます♪
いろいろ試してみましょう、楽しいですよ(^^)


今回は「ローストビーフ」の作り方をご紹介いたしました。
これに関しては最低限時間がかかってしまうので、日々忙しいママさんパパさんむけではありませんが。

たまのイベントごとで作ってみるのは「アリ」だと思います(^^)

作ってみたよ~などの感想は励みになります!
コメント等、お待ちしております(^^)

ではでは♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました